超低温相対吸湿式木材乾燥庫

PC版
んでよしゆたかなまい
越後杉  竹島屋材木店
  
948-0134 新潟県十日町市上新井76番地1
TEL・025-768-2033 FAX・025-768-2198
  
 

超低温相対吸湿式木材乾燥庫

 
 
 
 当店で開発した当店独自の室温約40度で乾燥させる木材乾燥庫です。
  
仕上りは自然乾燥とまったく同じす。
 
構造材はすべて杉の芯去り材で天井、床、壁はすべて二重構造の杉板貼でできています。熱源は廃材利用の薪ストーブと電熱のファンヒーターです。
 
生材を入れたばかりの庫内は室温40度で湿度90%位になり、含水率10%以下だった内張りの杉板は、波をうつように膨れ上がり含水率が、50%以上までになります。しかし乾燥が進むにつれて最終的に室温40度で湿度10%位迄まで下がります。このとき入れた材料の含水率も10%前後までになり、内張りの杉板の含水率も10%以下になります。
 
中に入れた木材と内貼りの杉板がお互いに水分を吸ったり吐いたりしながら
40度という環境の中で、ごく自然の形で乾燥していくのです。
  
乾燥期間は、住宅用構造材で約2〜3週間で小さな下地材や小割り材については1〜2週間位です。

又、乾燥中でも自由に出入りができて乾燥具合を直接確認できます。
 
これが超低温相対吸湿式木材乾燥庫です。
 
人も動物も木も生きものです。自然界にないような高温で乾燥すれすば、人も動物も木もすべて死んでしまいます。いま主流の高温木材乾燥機は、無理やり木を殺して人でいえばミイラ化させて狂わない様にしています。
木の持つ水分だけではなく、大切な養分までも吐き出させているのです。
これでは、だだ狂いが少ないというだけで、木の香りや艶がまったくなくなり、もろくなるだけです。
高温で乾燥させた木材は、茶色になり焦げ臭いにおいがします。
 
木と優しく付き合うには自然乾燥が一番です。こうすることで木も人に優しくなるのです。
 
 
  長さ6m迄の構造材や下地材用乾燥庫
  
  ドアを閉じた状態  観音開きドアを開いた状態
 
  壁板には45㎜間隔で幅3㎜深さ5㎜のスリット入  乾燥途中の庫内
 
  庫内監視用カメラと温湿度計  熱源の薪ストーブと電熱ファンヒーター
 
  温度管理用のサーモスタット  上が外の温湿度、下が庫内の温湿度
 
  薪ストーブには端材を利用  庫内に桟済み
 
 
 
  2m迄の造作材用乾燥庫 
 
  熱源の薪ストーブ  熱源の電熱ファンヒーターと空気循環用扇風機
 
   庫内監視用カメラと温湿度計  温度管理用のサーモスタット
        このページのトップへ 
 
竹島屋材木店トップへ
Copyright (c) 2011-2020 takesimaya.com 
All Rights Reserved.
 
住んでよし心ゆたかな木の住まい